◆◆◇━━━━……‥‥・・・ ・  ・ ・・・‥‥……━━━━◇◆◆

          JCA コーチングニュース
                      【Vol.198】2018.12.21

◆◆◇━━━━……‥‥・・・ ・  ・ ・・・‥‥……━━━━◇◆◆

        ●━  I N D E X ━●

□ 上司から見た部下のリーダシップ開発に繋がったこと、繋がらなかったこと

□ チャプターイベント情報


━━━━━━……‥‥・・・ ・  ・ ・・・‥‥……━━━━━━━
上司から見た部下のリーダシップ開発に繋がったこと、繋がらなかったこと
━━━━━━……‥‥・・・ ・  ・ ・・・‥‥……━━━━━━━

1.1. 調査の主旨
本調査結果レポートは「部下のリーダーシップ開発についてのアンケート調査」をまとめたものです。
本調査では、企業等で働く部下のいる人を対象に、部下のリーダシップを開発するために、
具体的に取組んでいることについて調査しました。

1.2. アンケート調査概要
調査対象:コーチ・エィ発?メールマガジン「WEEKLY GLOBAL COACH」の読者
実施期間:2016年11月16日〜2016年12月13日
実施方法:メールマガジンに記載されたURL にアクセスして回答
調査言語:日本語
調査機関:株式会社コーチ・エィ、コーチング研究所LLP

1.3. アンケートの回答状況
回答数:227件 無効回答数:36件 有効回答数:191件

1.4. アンケート調査の質問内容
部下のいる方に、直属の部下の「リーダーシップ開発」について、お聞きします。

問1. あなたの直属の部下は、どれくらいリーダーシップを発揮していますか?
(直属の部下が複数いる人は、平均的にどれくらい発揮しているかお答えください)
1.とても発揮している 2.発揮している 3.どちらともいえない
4.あまり発揮していない 5.全く発揮していない

問2. あなたは、直属の部下のリーダーシップを開発するために、
具体的にどんなことに取組んでいますか? (複数回答可)
□A 学習の機会
 スキルやマインドを身につけるための研修やe-ラーニングなどを受けてもらう
□B 明確な評価基準
 明確な評価基準を設定し、評価理由もしっかりと伝える
□C 対話の機会
 日ごろから、部下の成長のために1対1で対話する時間をもつ
□D 権限の委譲
 決定権限を与え、仕事を任せる
□E 仕事の経験
 ストレッチアサインやジョブローテンションなどで、仕事の経験を積ませる
□F 後任の育成
 部下自身に自分の後継者となる人を育ててもらう
□G 模範の提示
 上司である自分がリーダーシップの模範を示す
□H その他

問3. あなたが、これまでに、直属の部下のリーダーシップを開発するために取組んできた中で、
最も部下のリーダーシップを発揮させることに繋がったと思う方法は何ですか?
次の中から、1つお選びください。
(選択肢は問2と同じ)

問4. 逆に、あなたが、これまでに、直属の部下のリーダーシップを開発するために取組んできた中で、
最も部下のリーダーシップを発揮させることに繋がらなかったと思う方法は何ですか?
次の中から、1つお選びください。
(選択肢は問2と同じ)

2. 回答者の属性分布

【性別】
□男性 85% □女性 15%

【年齢】
□20代 1% □30代 8% □40代 41% □50代 43% □60代以上 8%

【役職】
□経営層 10% □部長 35% □課長 41% □一般社員 12% □その他 3%


3.質問別集計結果

問1. あなたの直属の部下は、どれくらいリーダーシップを発揮していますか?
□とても発揮している 4% □発揮している 48% □どちらともいえない 28%
□あまり発揮していない 19% □全く発揮していない 1%

図1.2 問1-1の結果(役職別集計)

経営層(n=19)
□とても発揮している 0% □発揮している 74% □どちらともいえない 16%
□あまり発揮していない 11% □全く発揮していない 0%

部長(n=66)
□とても発揮している 6% □発揮している 48% □どちらともいえない 29%
□あまり発揮していない 15% □全く発揮していない 1%

課長(n=78)
□とても発揮している 3% □発揮している 46% □どちらともいえない 24%
□あまり発揮していない 26% □全く発揮していない 1%

一般社員(n=66)
□とても発揮している 4% □発揮している 35% □どちらともいえない 39%
□あまり発揮していない 17% □全く発揮していない 4%

回答者の52%が、部下がリーダーシップを「とても発揮している」「発揮している」 と回答した。
役職別では「とても発揮している」または「発揮している」と回答した割合は、
役職が高くなるほど大きくなっている。

問2. あなたは、直属の部下のリーダーシップを開発するために、
具体的にどんなことに取組んでいますか?(複数回答可)

n=191
□A 学習の機会    28%
□B 明確な評価基準  26%
□C 対話の機会    62%
□D 権限の委譲    65%
□E 仕事の経験    40%
□F 後任の育成    23%
□G 模範の提示    38%
□H その他      3%

部下のリーダーシップを開発するために最も多く取り組まれていることは、
「D権限の委譲:決定権限を与え、仕事を任せる」の65%であった。

2番目に多く取り組まれていたのは
「C 対話の機会:日ごろから、部下の成長のために1対1で対話する時間をもつ」の62%。

これら2つの取組みは60%を超えており、半数以上の上司が実施している。

研修などの「A 学習の機会」を与える、「B 明確な評価基準」を伝える、
「F 後任の育成」を任せるといった方法は20%台と比較的低い割合であった。

問3. あなたが、これまでに、直属の部下のリーダーシップを開発するために取組んできた中で、
最も部下のリーダーシップを発揮させることに繋がったと思う方法は何ですか?
次の中から、1つお選びください。

□A 学習の機会    2%
□B 明確な評価基準  4%
□C 対話の機会    26%
□D 権限の委譲    44%
□E 仕事の経験    10%
□F 後任の育成    7%
□G 模範の提示    5%
□H その他      2%

部下のリーダーシップ発揮に繋がった項目は、「D権限の委譲」が44%と最も多い結果となった。
2番目に多かったのは「C対話の機会」26%。

問1の結果である実施している取組みの1位2位と同一項目であり、
効果が実感できるため、多くの人が採用している取組みといえる。

【「D 権限の委譲」を選んだ人のコメント】
・見て学ぶことも大事だが、経験に勝るものはないと思う。
ただし、任せ方や任せる範囲などをコントロールしながら、
成長度合いに合わせ負荷のかけ方を考えることが大事だと思う。(40代・管理職)

【「C 対話の機会」を選んだ人のコメント】
・社では1on1が浸透しており、部下育成を含む人材マネジメントは、
この1on1をベースにおこなっています。
週1回の部下との対話を通じて、継続的に経験を棚卸しし、内省機会を提供しながら成長促進します。
過去も複数名の部下と1on1を行い、行動変容を見てきましたので選択しました。(40代・管理職)

問4. あなたが、これまでに、直属の部下のリーダーシップを開発するために取組んできた中で、
最も部下のリーダーシップを発揮させることに繋がらなかったと思う方法は何ですか?
次の中から、1つお選びください。

□A 学習の機会    35%
□B 明確な評価基準  9%
□C 対話の機会    4%
□D 権限の委譲    6%
□E 仕事の経験    6%
□F 後任の育成    13%
□G 模範の提示    26%
□H その他      2%

部下のリーダーシップ発揮に繋がらなかった項目で最も多かったのは、
「A学習の機会:スキルやマインドを身につけるための研修やe-ラーニングなどを受けてもらう」であり、
35%であった。

2番目に多かったのは、「G模範の提示:上司である自分がリーダーシップの模範を示す」で26%。

【「A 学習の機会」を選んだ人のコメント】
・学習は気付きのトリガーとしては有効と考えるが、
その後の活動や成長そのものには影響が少ない。(60代以上・一般社員)
・外発的な理由で行われる研修は、その場だけで終わる。(50代・管理職)

【「G 模範の提示」を選んだ人のコメント】
・それぞれ人は違う。模範を示しているつもりが必ずしもそうとは限らない。(50代・経営層)
・自分ではなく、上司が行う業務だと誤って認識し、
上司依存傾向が強くなっていた。(50代・管理職)

以上


━━━━━━……‥‥・・・ ・  ・ ・・・‥‥……━━━━━━━
       ◆ 日本コーチ協会チャプター情報 ◆
━━━━━━……‥‥・・・ ・  ・ ・・・‥‥……━━━━━━━
JCAのチャプター一覧はこちら
http://www.coach.or.jp/chapter/index.html

----------------------------------------------------------------
※「日本コーチ協会チャプター情報」は各チャプターから提供された
 イベント情報をそのまま掲載しております。

----------------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------------
■ 埼玉チャプター ■ 2019年1月定例セミナー
----------------------------------------------------------------
□日 時□ 2019年1月13日(日)13:30〜16:30
□場 所□ 市民会館うらわ 505号室
https://saitama.coach/locations/urawa/


□参加費□ チャプター会員:無料 一般:1,000円
□内 容□
『今年の夢を語り合う』

2019年を、あなたはどんな年にしたいですか?
あえて難しいエクササイズは脇に置いて、参加者同
士で大いに自分の夢を語り合い、その中で本当に自
分のやりたいこと、めざしたいことを探索していき
ましょう。

□講 師□ 尾口あゆみ氏
□申込先□ 下記ホームページよりお申し込みください。
https://saitama.coach/events/20190113/

----------------------------------------------------------------
■ 山陰チャプター ■ 1月学習会
「今年の目標に向けあなたの強みを活かそう」
〜2020年に向け、今年1年やりたいことを実現しよう〜
----------------------------------------------------------------
□日 時□ 2019年1月13日(日曜日)13:30〜16:30(受付13:00〜)
□場 所□ 米子ふれあいの里 中会議室1・2
       鳥取県米子市錦町1-139-3 TEL:0859-23-5491
□参加費□ チャプター会員:2,000円   一般:3,000円
□内 容□ 1.強みとは何か、強みの見つけ方
      2.自分の強みを見つける、相手の強みを見つける
      3.この1年実現したいことをイメージする
      4. 強みを活かした今年の行動を決める
      <ファシリテーター>
       日本コーチ協会山陰チャプター 副代表 赤井寿美
 (一財)生涯学習開発財団認定コーチ
 笑顔のコーチングファシリテーター
□申込先□ 日本コーチ協会山陰チャプターまでお申し込みください。
     【FAXの場合】0859-21-2003
      JCA山陰チャプター代表 足立宛までお送りください。
     【WEBの場合】
http://jca-sanin.com/ JCA山陰チャプターホームページより申し込みください。

----------------------------------------------------------------
 ■第14回関東4チャプター交流会■
----------------------------------------------------------------
 14回目を迎えます関東4チャプター(茨城、栃木、群馬、埼玉) 交流会のご案内です。
コーチングに興味ある方ならどなたでも参加可能です。
忘れられない充実した二日間になることをお約束します。
今回の基調講演はJCA理事宮坂洋子氏にお越し頂きます。
□日時□2019年2月16日(土)12:30〜
        2月17日(日)12:00
□場所□古河市ネーブルパーク研修センター
                /平成館
□参加費□1,000円〜8,000円(日帰り参加も可)
□内容□「自分をととのえる」
1日目
■基調講演 日本コーチ協会理事 宮坂洋子
 「コーチとしてのプレゼンス」
■栃木チャプターWS
 「こだわり(マイルール)の発見が自分を変える」
■群馬チャプターWS
「勝率3割の高校運動部の生徒同士がコーチング?
           ・・・・・その結果は?」
2日目
■埼玉チャプターWS
「未完了を完了してエネルギーをチャージする」
■茨城チャプターWS
「自分本位になりなさい」
□申込先□
http://4chap.saitama.coach/

----------------------------------------------------------------
■ 神戸チャプター ■ 新春恒例ロールプレー大会
〜鍋奉行コーチング〜  講師 二本松 千恵 氏
----------------------------------------------------------------
□日 時□ 2019年 1月13日(曜日) 13:30〜16:30
□場 所□  神戸産業振興センター 902号室
□参加費□ チャプター会員:2 ,000円     一般:3 ,000円
□内 容□  恒例の新春コーチングロールプレイ大会です。
コーチングで新春に立てた目標達成に向け、1歩を踏み出
しましょう。2019年は亥年。イノシシと言えば「ぼたん鍋」。
コーチングでおいしいぼたん鍋(目標達成)を作りましょう。 
□申込先□ 神戸チャプターHP
http://www.coach-kobe.com/

◆◆◆——————————————————————————————
◇編集後記◇
今年も余すところ、あと10日となりました。
みなさまにとって2018年はどんな1年だったでしょうか。
本年も、日本コーチ協会をご支援いただきありがとうございました。
来年もどうぞよろしくお願いいたします。良いお年をお迎えください。
——————————————————————————————◇◆◆
◆JCAコーチングニュースに関するお問い合わせ
info@coach.or.jp

◆JCAコーチングニュースの登録解除はこちら
https://www.coach.or.jp/cgi-bin/news/cancel/index.cgi

◆JCAに入会するには
http://www.coach.or.jp/join/index.html

【発行】特定非営利活動法人 日本コーチ協会
    〒102-0075 東京都千代田区三番町 三番町KB-6
http://www.coach.or.jp/
◆◆◇———————————————————————————◇◆◆
    (C)2018 Japan Coach Association. All rights reserved.