Coaching2007

プログラム

基調講演
『A New Kind of Creativity for a New Kind of Century
(新世紀における新しいクリエイティビティ)」』

今、世界における人材育成の領域では、「ブレーン・アプローチ」(脳から取り組む)という研究カテゴリーがあり、脳科学的な見地から、人はどうして行動するのか、という議論がさかんです。

欧米のコーチング業界でも、ブレーン・アプローチへの関心は高く、人間の行動変容を扱うコーチに有益な知識として注目されています。

その中でも、「人はどうするとクリエイティビティ(創造性)を発揮するか」という切り口で迫るニースリング氏は、「人が枠を超えて創造的になるとき、脳の中では何が起こるのか?それを起こすには、どういうアプローチがあるか?」ということを研究しています。

「人はなぜ枠を超えたがらないのか?」「どうやったら、枠を超えるのか?」

人の可能性を引き出し、枠を超えてチャレンジさせるコーチとして知っておくべき貴重な情報に触れることができるチャンスです。

Dr Kobus NeethlingDr.Kobus Neethling 氏

南アフリカ・クリエイティビティ財団会長。「創造的習性の開発と証明」の分野において博士号を取得。20万冊以上のセールスを上げた国際的ベストセラー作「Creativity uncovered」「Very smart parents」「Am I clever or am I stupid?」をはじめ80冊以上の著書をもつ。1998年、創造的問題解決学会(Creative Problem Solving Institute)から、国際リーダーシップ賞という、世界的な栄誉ある賞をうける。2008年2月 Excellence in innovation Awardに選出される(インドにおけるもっとも栄誉ある革新的な賞)。