日本コーチ協会 第14回年次大会「医療におけるコーチングの展望〜日米の視点から〜」

医療分野では多岐にわたる目的でコーチングが活用されています。院内の管理職育成、チーム医療促進のためのリーダー育成、医療安全、患者の自律的な行動促進のためのコミュニケーション、など年々領域は広がっています。

2012年の年次大会では、数ある取組みの中でも目覚しい成果をあげている4名の有識者を招聘し事例を紹介して頂きます。

基調講演は、ハーバード大学のフレイツ准教授から、米国における メディカルコーチングの最新事例をご紹介します。また、セッションの 中では、コーチングの研究設計で成功するための「キーファクター」もお話しいただき、医療分野におけるコーチングの理解と普及を加速できればと思います。

開催日時 2012年6月23日(土) 12:30〜18:00
場所 日本橋三井ホール (東京都中央区日本橋室町2-2-1 COREDO室町 5F )
東京メトロ銀座線・半蔵門線「三越前駅」直結、JR総武線快速「新日本橋駅」直結
時間
12:00 開場
12:30〜12:45 開会挨拶 理事長 桜井一紀
12:45〜14:15 基調講演
ハーバード大学 准教授
Elizabeth Pegg Frates 氏
「行動変容の基本原理 〜コーチング手法の活用〜」
14:15 〜 14:35 休憩
14:35 〜 15:35 セッション1
東北大学大学院医工学研究科 リハビリテーション医工学 教授
出江 紳一 氏
「チーム医療にコーチングを活かす 患者中心の医療に向けて」
15:35 〜 16:35 セッション2
三番町ごきげんクリニック 院長
澤登 雅一 氏
「遅発型食物アレルギー陽性者に対するコーチング」
16:35 〜 16:50 休憩
16:50 〜 17:50 セッション3
東海大学医学部血液・腫瘍内科学室 教授
安藤 潔 氏
「医療分野におけるコーチングの研究設計について」
17:50〜18:00 閉会挨拶
参加申込 お申込みは締切りました
参加費
  事前お申込み
JCA会員 10,000円(税込)
非会員 18,000円(税込)

基調講演

「行動変容の基本原理 〜コーチング手法の活用〜」

<スピーカー>
Elizabeth Pegg Frates, MD
ハーバード大学准教授

ハーバード大学ライフスタイル医療研究所 医学生教育部長
1990年ハーバード大学メディカルスクール卒業
1996年スタンフォード大学メディカルスクール卒業
1996年ハーバード大学クリニカルフェロー
2011年より同大学准教授

 


セッション1

「チーム医療にコーチングを活かす 患者中心の医療に向けて」

私達は医療福祉におけるコーチングの活用について、2003年から複数の研究を実施してきました。脊髄小脳変性症患者を対象とした電話によるコーチングの効果、脳卒中診療に従事する医師、介護予防に携わる保健師職、研修指導医のそれぞれに対するコーチング研修の効果、そして医療現場における組織活性と安全性にコーチングの導入が及ぼす影響を明らかにし、論文等で公表してきました。前半の3つは患者や介護予防高齢者に対するコミュニケーションを扱い、後半の2つは医療従事者間のコミュニケーションを扱った研究です。これらの研究を通して、効果を発揮するコーチングの機能と構造、およびコーチング有効性と限界を学ぶことができました。本講演では研究成果の一部を紹介し、コーチングが医療安全に果たす役割について提言します。 

<スピーカー>
出江紳一氏

東北大学大学院医工学研究科リハビリテーション医工学教授
東北大学大学院医学系研究科肢体不自由学分野
1983年慶應義塾大学医学部卒業、2002年より現職

 


セッション2

「遅発型食物アレルギー陽性者に対するコーチング」

近年、食物摂取後時間をおいて症状が出現する遅発型食物アレルギーが注目されている。遅発型食物アレルギーにはIgG抗体が関与しており、症状が多彩、好物に多いなどの特徴がある。治療として、原因となる食物を長期間避けることが必要となるが、習慣的に摂取している食物を長期間避けることは容易ではない。そこで、遅発型食物アレルギーのある42人を対象に、コーチング介入群と非介入群に振り分け、介入群に対して電話コーチングを6ヶ月間行い、その前後で、アレルギー食物に対するIgG抗体価、QOL評価、達成度に対するアンケート調査を行った。その結果、達成度や健康に対する意識の変化などで有意な差がみられた。行動の変化が治療のポイントとなる遅発型フードアレルギー陽性者に対して、コーチングが有効であることが示唆された。

<スピーカー>
澤登雅一氏

三番町ごきげんクリニック院長、東海大学医学部血液腫瘍内科非常勤講師
1992年東京慈恵会医科大学卒業、2005年より現職

 


セッション3

「医療分野におけるコーチングの研究設計について」

近年EBM(エビデンスに基づく医療)が推進され、診療は科学的根拠に基づくべきであるとのコンセンサスが定着している。コーチングが今後医療分野で普及するためにも、その有用性を示すエビデンスが必要とされるであろう。実際に「medical coaching」というキーワードで検索すると現在まで600近い英文論文が公刊されており、その半数は2008年以降に発表されたものである。従って医療分野のコーチはそれらのエビデンスを理解し、自らもエビデンスを発信していくことが求められている。本講演では医療分野におけるコーチング研究に役立つ研究方法論を紹介し、研究内容を理解するとともに自ら研究計画を立案するための基礎知識を概説したい。

<スピーカー>
安藤潔氏

東海大学医学部血液・腫瘍内科学教室教授 再生医学センター・センター長
メディカルコーチング研究会 世話人代表
1983年慶應義塾大学医学部卒業、2005年より現職

 


■お問合せ先
E-mail:info@coach.or.jp
■その他
託児施設はございません。予めご了承ください。
■共催
メディカルコーチング研究会(総会同時開催)
■後援
株式会社コーチ・エィ